浴室の注意点について

新築を作るときに、自分の住みたい家創りをすることが夢でした。その結果、ある程度は自分の思うように新築つくりができたと思っています。しかしその一方で、住んで見るとやっぱりこのことについては改善したらよかったと思うことがありました。それは最初に作る時には気づかないのですが、住んでみることにより気づくことが多いのです。

その一つとして、浴室があります。浴室は、リラックスできる場所としてこだわったところです。ここでは、私の家の浴室についてご紹介します。

・色は暗めにしたらよかった

私の家の浴室の場合は、白で統一しています。なんといってもそれは、清潔感があるからです。だいたい浴室の場合は、白やアイボリーといった色であることが多いのです。ところが実際に使っていると、その色についてちょっと不満があります。

それは汚れが目立ってしまうことなのです。浴室を使うたびに掃除をすることができる人は、そのような色でもいいのかもしれません。しかし私のように、忙しくしていると掃除をサボってしまうこともあるからです。するとたちまちカビ等が、直ぐに繁殖してしまいます。そこで、カビが繁殖をしてもそんなに目立たない色の浴室が良かったなと思うようになっています。

・床が暖かい

浴室の場合は、床が暖かいと助かりますね。特に冬の場合は、ヒートショック等の心配なことがあるのでそれを防ぐためにも、床が暖かいと助かります。私の家の浴室は、アドバイスにより床が冷たくないものにすることにしました。その点の知識についても、全くなかったのでそれをアドバイスを受けられたことは、本当によかったと感じました。もしもそのまま自分のいいと思ったモノであったら、後悔をしてしまったかもしれません。

・浴室と洗面所が隣同士

浴室と洗面所が隣どおしということも、とても大切なことですね。特に女性は、ケアをするときに洗面所にいろいろなケア製品を置くので隣同士だと便利です。