注文住宅での実際の生活のイメージが大切

家づくりに関してポイントになるのは、見た目の良さと生活しやすい設計にするということではないでしょうか。外観がとても良いもので、お洒落だったとしても、生活しにくいものであれば、不満やストレスが増えやすいです。では生活しやすい家にするにはどんな点に注意を払って設計してもらうことができるでしょうか。

まず生活しやすい家というのは、無駄な動きをせずに便利だなと感じることが大切です。例えば洗濯というのは家族が多いと毎日する必要があるかもしれません。ではその洗濯機をどこに配備するのか、そしてその洗った洗濯物をどこに干すのかということです。洋服は重たく量も多いです。毎回2階のベランダに持っていくということを繰り返すのは手間になると感じることでしょう。ではどうすればいいのか、そんな思考を持つことが大切です。また自然の風が入るように壁をあまり作りたくない、それは好みであり良いことですが、それによって熱効率が悪くなり、光熱費が高くなってしまい、それが家計を圧迫してしまう、そんなことにもなりかねません。また窓を大きく、そしてたくさん作り明るい部屋にするのは良いのですが、家の中まで外から丸見えになってしまい、なんだか恥ずかしい気持ちで、結局カーテンやブラインドをつけなければならない、そんなことも起こり得ます。

キッチンとリビングのつながりはどうするのか、またトイレをどの位置にするのが最も利用しやすいのか、またトイレの音が外に聞こえないようにしたいとか、玄関の広さやシューズボックスなどもそうです。ブーツが入るようなスペースを作ることとか、細かいことでも疎かにできないことは多々あります。コンセントの数やその高さ、位置なども中途半端だと使いにくいでしょう。注文住宅では、どれだけ実際の生活をイメージできるかにかかっています。業者はその点で経験が豊富なので、しっかりと相談しアドバイスを求めるようにしましょう。遠慮せずなんでも質問し理解することが大切です。