建売住宅と注文住宅のメリットデメリット!

家を買おうと思ったときに、建売住宅の見学に行くかもしれません。その時に、「同じ家が並んでいる」と感じたことがあるのではないでしょうか。建売住宅は、ハウスメーカーが万人向けの家を建てようとするため、画一的な建物になりがちです。そのため、立地によっては全く同じに見える家が、立ち並ぶことになります。せっかくの一戸建てなのに、集合住宅に住んでいるような錯覚に陥ることもあるかもしれません。また敷地が細分化されているため、隣の家との間隔が非常に狭く、近所付き合いが面倒そうだと感じられるかもしれません。建売住宅には、誰にでも住みやすいということと、比較的値段が手ごろだというメリットがありますが、個性的な家に住むことができないという欠点もあります。このような画一的な家に住むのが嫌だと感じる人は、「注文住宅」で家づくりをするといいかもしれません。注文住宅のメリットは、家の構造や間取りや設備、さらに内装も自分の希望通りにできるという点です。依頼者の思い通りの間取りの家を建てる喜びは、家に対するこだわりが強い人ほど大きいのではないでしょうか。また着工から家が出来上がるまでの様子を、更地の状態から見続けられる喜びがあります。自分だけの新築一戸建ての家を建てたという喜びは、建売住宅では感じられない素晴らしいものだと思います。ただし、注文住宅で家づくりを始めると、家が完成するまでに時間がかかります。また資金計画も複雑になりがちです。このようなデメリットがあるのを踏まえても、自分だけの家を建てるという喜びを優先したい人は、注文住宅を選ぶといいでしょう。「注文住宅にすると費用が高くなる」という点については、仕様にこだわらずに節約をすれば、コストを切り詰めて建売住宅と同様の費用に抑えることが可能です。自分好みの家を、多少手間がかかっても手作りで作り上げるか、できている家を購入してすぐに住み始めることを優先するかによって、建売住宅と注文住宅を選ぶようにしてみましょう。