注文住宅のお金の話

新築で注文住宅を建てましたが気をつけなければいけないポイントが、いくつかございました。

一番気をつけなくてはいけないものは、建築費用についてです。

人生で一番大きな買い物であるマイホームですが、何千万円という大きな買い物のため、普段の買い物よりも金額の桁が大きくなり、感覚が麻痺してしまうことがあります。

また、注文住宅の見積もりを作る場合にはハウスメーカーや建築業者に見積もりの依頼をするのですが、最初に出してもらう概算金額から往々して金額が上がることが多いです。

というのも最初に見積もりを出してもらう場合には、建物プランの付帯設備等が標準的な仕様のものばかりのため、自分のこだわりを入れていくと金額が10万円や20万円上がっていきます。

またその積み重ねで100万円や200万円といった大きな金額のアップになってしまうことがあります。

例えばキッチンを選ぶ際にも、コンロをIHクッキングヒーターにするのかガス仕様にするのか、またその中でもグレードをどの仕様するかで平気で10万円〜20万円の金額が違ってきます。

また、キッチンなどは色の種類によっても金額が変わってきます。

一生に一回の買い物と言うこともあり、どうしてもこだわるところにはこだわりたいため、妥協することなく良いものを選び金額が上がってしまうことが多いです。

そのため、見積もりを依頼する際には、まず自分たちにとって本当に出せる予算を担当者に伝えて、その中で自分たちの要望を叶えてもらうような家づくりを設計する方法をお願いします。

自己資金をいくら用意するのか、住宅ローンを月々いくら支払って、総額でいくら借りるのかなど、事細かにを伝えることが大切です。

また、安易に値段交渉をするのではなくて自分たちの予算の中でできる仕様を選ぶことが大切です。

無理な値段交渉をすると相手の担当者にとって負担が増えたり、嫌な客と思われ、その後の打ち合わせや提案を一生懸命やってくれなくなってしまうリスクがあります。

自分たちのこだわりを詰めた素敵な住宅を建てても、その後の住宅ローンの支払いが大変になってしまっては元も子もありません。

こだわるところはこだわって、そこ以外は標準的の設備にするなどして、無理のない予算でお家づくりをする事はとても大切です。