新築のシックハウス症候群対策

新築の家に住むとき、シックハウス症候群を気にする方もいると思います。長く住む家なので、安心できる家を建てたいものです。では、どうすれば新築のシックハウス症候群対策ができるのか紹介していきます。

●シックハウス症候群の原因物質

シックハウス症候群とは、住居などによりめまい、頭痛、倦怠感、呼吸器疾患などがあらわれる体調不良のことです。原因物質は、建物や家具などに使用される接着剤や塗料に含まれる揮発性有機化合物です。ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、トルエン、キシレンなどがあります。

新築では揮発性有機溶剤の揮発量が多くなりがちで、このために新築ではシックハウス症候群が心配だと考えている方もいます。

しかし、平成15年の建築基準法改正により、住宅に使用される化学物質について規制がされたので、現在は心配は少なくなったといえるでしょう。

また、使用する接着剤や塗料などに工夫をすれば、より安心することができます。

●シックハウス症候群対策

揮発性有機溶剤ゼロの塗料や柿渋を使った塗料を使用するなど、シックハウス症候群対策をしているメーカーがあります。どのような接着剤や塗料を使用しているかは、各ハウスメーカーや工務店に訪ねてみてください。

シックハウス症候群対策として自然素材が注目されています。自然素材を家全体に使うと費用が高くなってしまうので、家族が多く集まる場所など特定の場所にだけ使用するのでもよいでしょう。

また、換気を十分に行うことも大切です。換気をして揮発性有機溶剤を外に出すのです。

換気をする際には、窓を2か所開けておきましょう。対になるように2か所の窓を開けると空気の流れがよくなります。一か所しか開けられない場合には、窓を開けて換気扇を回すことで空気の循環がよくなります。

新築はシックハウス症候群が心配かもしれませんが、現在は法律の改正によって化学物質の規制がされています。また、天然素材を使うなどで対策もできます。