家は家族を守るための城

誰もが夢に見るマイホーム。家を建てるというのは一生に一度の一大イベントです。後悔のないようにしたいものです。

 では、どのような点に注意すれば後悔のない家づくりができるのでしょうか。

 家はかけがえのない家族が健康で安心して毎日楽しく過ごせる場所であってほしいですよね。言うまでもなく家という場所は、とても大切な場所です。健康に安心して楽しく暮らすために、必要なことはいくつもあります。中でも一番大切なのは環境ではないでしょうか。この観点から家づくりをする際に、最も大切であると言える環境についてどのような点に注意すべきかをお伝えしていきます。

 環境と一言で言ってもいろいろあります。今回、特にお伝えしたいのは音・光・暑さ、寒さ・立地条件についてです。これらに共通して重要なのが、ズバリ『窓』です。家づくりの際に大切な窓についていくつか注意点を挙げてみます。

 まず光です。光は窓の位置によって部屋の中の明るさが大きく変わります。朝の太陽光を浴びると体内時計がリセットされ目もすっきり覚めて、一日を元気に過ごすことができます。また、睡眠のサイクルにも良い影響を与えると言われています。このため寝室または、起床して一番初めに過ごす部屋の窓は、東側にあるととても健康面に良いと言えます。

 次に、暑さ寒さに関してですが、これも窓が重要になります。特に冬です。朝方に日影になる方向の窓は、2重窓にするなどの工夫が必要です。

2重窓にすることで結露防止にもなります。また、カビも生えにくくなります。なおかつ暖かいと一石三鳥です。

 それから音についてです。これは立地条件と深く関係してきます。特に気をつけなければいけないのは、車の騒音です。交通量が多い道路に面した土地に家を建てる場合には、特に注意が必要になるところです。深夜など寝ている時は、周りが静かなだけに車が1台通っただけでも、予想以上に音が大きく感じられるものです。できれば少し道路から入った土地に家を建てるほうがいいでしょう。しかし、そうもいかない場合もありますよね。そんな時は、道路に面した部屋だけでも2重窓にしておくとしておくなどの対策が必要不可欠となってきます。

(まとめ)ここまで家づくりの際の注意すべき環境について窓に注目してお伝えしてきました。いかがでしたでしょうか。

 家はかけがえのない、子供・妻・親などを守る城と言っても過言ではないでしょう。あなたはその城の城主です。

 決してご家族を、そして自分も後悔のないように十分な時間をかけて検討することをお勧めします。

 では、どのような点に注意すれば後悔のない家づくりができるのでしょうか。

 家はかけがえのない家族が健康で安心して毎日楽しく過ごせる場所であってほしいですよね。言うまでもなく家という場所は、とても大切な場所です。健康に安心して楽しく暮らすために、必要なことはいくつもあります。中でも一番大切なのは環境ではないでしょうか。この観点から家づくりをする際に、最も大切であると言える環境についてどのような点に注意すべきかをお伝えしていきます。

 環境と一言で言ってもいろいろあります。今回、特にお伝えしたいのは音・光・暑さ、寒さ・立地条件についてです。これらに共通して重要なのが、ズバリ『窓』です。家づくりの際に大切な窓についていくつか注意点を挙げてみます。

 まず光です。光は窓の位置によって部屋の中の明るさが大きく変わります。朝の太陽光を浴びると体内時計がリセットされ目もすっきり覚めて、一日を元気に過ごすことができます。また、睡眠のサイクルにも良い影響を与えると言われています。このため寝室または、起床して一番初めに過ごす部屋の窓は、東側にあるととても健康面に良いと言えます。

 次に、暑さ寒さに関してですが、これも窓が重要になります。特に冬です。朝方に日影になる方向の窓は、2重窓にするなどの工夫が必要です。

2重窓にすることで結露防止にもなります。また、カビも生えにくくなります。なおかつ暖かいと一石三鳥です。

 それから音についてです。これは立地条件と深く関係してきます。特に気をつけなければいけないのは、車の騒音です。交通量が多い道路に面した土地に家を建てる場合には、特に注意が必要になるところです。深夜など寝ている時は、周りが静かなだけに車が1台通っただけでも、予想以上に音が大きく感じられるものです。できれば少し道路から入った土地に家を建てるほうがいいでしょう。しかし、そうもいかない場合もありますよね。そんな時は、道路に面した部屋だけでも2重窓にしておくとしておくなどの対策が必要不可欠となってきます。

(まとめ)ここまで家づくりの際の注意すべき環境について窓に注目してお伝えしてきました。いかがでしたでしょうか。

 家はかけがえのない、子供・妻・親などを守る城と言っても過言ではないでしょう。あなたはその城の城主です。

 決してご家族を、そして自分も後悔のないように十分な時間をかけて検討することをお勧めします。