注文住宅と建売住宅のメリット・デメリット

住宅を購入する際、注文住宅にするか建売住宅にするか迷った我が家。最終的には自由設計が魅力となり注文住宅に決めました。しかし、注文住宅だからと言ってメリットばかりではありません。多くの建売住宅を見学していた我が家にとって、設備が整い庭も綺麗に造り上げることが簡単にできると思っていたのです。

しかし、実際は違います。建売住宅の場合は、設備や庭の整備が完成した状態で金額が決められ購入する流れとなります。一方、注文住宅の場合は、1つ1つの値段を確認し造り上げるものとなります。そのため、どうしても、値段と予算を考え妥協する場面も出てきてしまうのです。理想の住宅に近づけるためには、それなりの費用が必要です。その結果、キッチンや浴室などを少し予算を抑えたものに変更する必要が出てきたのです。そして何より費用を削ったのが外構工事でした。家の建物とは別で外構工事を依頼するため、どうしても、費用を削ってしまいがちになります。我が家の場合、門柱も気にいるデザインのものは高額で諦めました。ちなみに、同じような外構を建売住宅で見たことがります。建売住宅をそのまま購入しておけば、理想通りの外構にすることができたと思います。

もちろん、建売住宅の場合、家の間取りに自由がありません。その点が気になり建売住宅の購入は諦めました。我が家の場合、嫁入り道具のタンスもあり、そのタンスをしまうことができるクローゼットを希望していました。しかし、建売住宅の多くは、備え付けのクローゼットばかりです。その点においては、すっぽりとタンスを入れることができるウォークインクローゼットを作ることができ満足しています。そのほか、建売住宅の場合、収納が少ない場合が多く、その点も注文住宅にすることで理想通りの収納を確保することができました。

このように注文住宅と建売住宅にはお互いにメリット・デメリットがあるということを知ったうえで住宅購入をされることを是非、おすすめしたいと思います。