家を建てる前に知っておきたい知識としまして

家を建てる前に知っておきたい知識としまして、土地を100坪購入しましたとしましても、建築面積が決められておりますので、立地によって土地に関する法律が定められておりますので、建てられる家のカタチが決まっていると言うことを正しく把握しなければなりません。前が幹線道路の場合であれば、二階建てにしなければならない等の制約が課せらることもあります。土地を購入して家を建てるまでにつきましては、法律を知らなければならないこともあります。用途地域では、都市計画法等によりまして、建てられる家の形が決められている地域のことを指し示すものでありまして、「土地を購入したのだから、好きな建物を建てられる!」と思い込んでおりましたら、その地域によりまして、景観を損なわないような法律が定められている形となりますので、十分に建築家等や工務店に聞いて、まずは、建てられる家の形状や種類を把握しなければなりません。「防火地域」につきましては、市街地におきまして火災の延長を防ぐために整備されている法律でして、市街地の中心部等におきましては、このように防火地域が指定されていることがありますので、耐火建築物や、準耐火建築物しか建てられない形となります。「建ぺい率」としましては、100坪の土地に対しまして、どれだけの占有率で建物を建てることができるかと言うのが法律で定められておりますので、それで庭があると言うのも納得できます。隣の建物との境界線につきましては、各自治体の各地区ごとの法律によりまして、最低何cm以上離さなければならないと言うような細かい内容まで、決められております。道路幅員制限につきましては、敷地に接する道路の幅が4m未満の場合、道路の中心線から2mのところが敷地限界線になると言う法律が定められていたりしますので、敷地境界線を把握する必要があります。このように住む場所によりましては、様々な形で、土地に関する法律が定められておりますので、必ず確認しておpく必要があります。