我が家の注文建築

我が家は、古屋付き中古戸建て物件を購入して、古屋を取り壊して、注文建築にて新居を新築いたしました。

まず、我が家は、自分も家内も実家が戸建てでしたので、そもそも住宅購入を考えておらず、いわゆるマイホームへの憧れなどありませんでした。イコール興味がありませんでした。しかし、我が家を取り巻く環境が変わり、子供も成長し、住んでいた賃貸の集合住宅では手狭になりました。

そんな中で手頃な価格で中古マンションでも購入しようかという話となり、物件探しを始めました。

この時期の事をいまあらためて考えますと、予算はもちろん、家計の精査と見直しをしてみることをお勧めします。現実的な現場把握と予算が具体的な金額も現実味が出てくると思います。後々、いろいろな面で冷静に判断できると思います。

物件については、今後の生活、ライフスタイルをいまいちど考え、将来的な部分を踏まえて、希望の物件イメージを確定させたほうが良かったと思おます。マンションにするか戸建てにするか、中古にするか新築にするか、などなど、よく考え、検討して絞り込んだほうがいいと思います。希望内容の優先順位や絶対に譲れない部分などを把握しておいてください。

注文建築で新居を建築する場合は、自分の場合は工務店が指定されていましたので、やはり自分で選定すれば良かったと思います。工務店にせよ住宅メーカーにせよ建築会社にせよ、充分に検討して、選んだ方が良いです。作り手の得意、不得意、特徴や考え方など説明を聞き、納得いくまで検討した方がいいです。おそらく一生に一度の大きな買い物です。それぞれの考え方や熱意などを感じた方が良いです。

また注文建築ですので、生活や子供の成長、ライフスタイルに合わせて、間取りから検討できますので、妥協せずに徹底的に家族会議で検討して、イメージを作って、その希望を作り手にぶつけて、プロによって具体的な間取りや建築計画に仕上げてもらいましょう。ここでも納得いくまで妥協しないほうが良いと思います