床暖房のメリット・デメリット

地域にもよりますが、冬になると暖房を使用する家庭は多いと思います。これから家を建てるなら、床暖房を考えてみてはどうでしょうか。

床暖房には4つのメリットがあります。

1・埃や塵が舞わない

エアコンのように空気を動かすことがないので、埃や塵が舞うことがありません。くしゃみが気になる方にとっては、うれしいメリットです。

2・子供がいる家庭でも安心

暖房器具を誤って触ってしまい、子供がやけどをする事故があります。床暖房の場合は熱源が埋められているので、子供がいる家庭でも安心できます。

3・足元が温かい

暖かい空気は上に向かい、冷たい空気は下にたまる性質があるので、エアコンで空気を温めた場合は暖かい空気が上に集まり、足元は冷たくなってしまいがちです。床暖房なら足元に熱源があるため、足元を温かくして過ごすことができます。

4・室内の空気も温める

床暖房というと足元だけが温かいと思いがちですが、室内の空気も温めるタイプがあります。

床暖房には、温水循環式と電気式があります。

湯水循環式は、床下にパネルを埋め込み、そこに温水を流して床を温めるタイプです。電気やガスを使って温水を作るための設備を設置するために、初期費用がかかりがちです。しかし、長い目で見れば電気代がお得になります。

電気式は床下に電気ヒーターを設置して温めるタイプです。温まるまでには時間がかかります。初期費用を抑えることができますが、ランニングコストはかかります。

それぞれの特徴を考えて選んでみてください。

また、床暖房を設置する際には、床にものを密着させないように注意が必要です。カーペットを敷かない、家具は脚つきのものを使用するなどして、できるだけ床へのものの密着を避けます。カーペットは床暖房の効率を下げるので、敷かない方がよいでしょう。カーペットがない方が掃除は楽になります。

家を建ててからでは家具の移動などで大変なので、もしも床暖房を考えているなら家を建てる際につけておくとよいでしょう。